グーグルマイビジネスの投稿機能をつかってみました

こんにちは。グラフブース@中山です。冷蔵庫にあまった野菜や果物をどうすれば捨てずにすむのか、、、色々考えたあげく「ジューサー」を購入してジュースにして流し込むことにしました。深夜にもかかわらずジューサーをがんがん回しています。


6月23日にグーグルマイビジネスの新機能「投稿」が発表されました。日本のAdWords公式ブログでその機能について詳しく記事で紹介されています。ローカルビジネスのオーナーであれば全ての方がログインして利用できるようです。記事を読むとGoogleが提唱するマイクロモーメントのマーケティングに沿った新機能であることがよくわかります。

実際に「投稿」をつかってみる

Android・iOSアプリからも使えるようですが、今回はPCから「投稿」機能を使ってみました。 Googleマイビジネスにアクセスして、赤丸の投稿メニューをクリックして記事の入力を開始します。

入力画面

投稿の入力画面が表示されます。

投稿入力

このまま入力して公開すると写真とテキストだけのシンプルな内容になります。今回はオプション機能をONにして期間限定のキャンペーンをつくってみます。オプションではイベント(キャンペーン)タイトルや期間、キャンペーンページへの誘導ボタン、購入・予約・クーポンなどの設定をすることもできます。

オプション投稿入力

自社のキャンペーンをアピールしてみる

グラフブースで開催中の「夏アドキャンペーン」を投稿してみます。まずはキャンペーン用の画像を用意します。画像は社名検索結果時に表示されるナレッジパネルのサイズ、そしてそれをクリック・タップした時に表示される投稿サイズがそれぞれちがいますので(自動でトリミングされて表示されます)、あらかじめバランスをとってデザインをしておくのもいいと思います。入力が終了したらプレビューで見えかたを確認することができます。確認が終われば公開します。
夏アドの投稿はこのように見えます。バナーのつくりかた次第でナレッジパネルにかなり目を引くような表示が可能です。

キャンペーン投稿入力

つかってみた感想

最初に「Googleが提唱するマイクロモーメントのマーケティングに沿った新機能…」と書きましたが、Google AdWords 公式ブログの記事には「投稿」機能についてこのように書かれています。

オンラインユーザーの60%が商品・サービスの購入を検討する際、複数のビジネスを比較しています。「投稿」機能を活用すると、タイムリーに Google の検索結果や Google Mapsへ最新情報、キャンペーン情報を掲載できるため、より効果的に検討中のお客様へアピールできます。また、Google ビジネスリスティングにリンクを追加して、お客様を次のアクションへ効率よく誘導することも可能です。人気商品やイベントを紹介し、効果的なアクションへ誘導して、購買に結びつけましょう。

ユーザーの欲求にタイムリーに反応してくれるツールのひとつとしてローカルビジネスオーナーに重宝されるのではないでしょうか。特にAdWordsを運用している場合などは、広告バナークリック後に社名検索(ブランド名検索)をしたユーザーに効果的に届きそうなのがこの「投稿」機能だと思います。色々な場面でつかえそうなので、実際に試用してみることをおすすめします。

今回例にあげた「夏アドキャンペーン」は誘導先リンクがお問い合わせフォームでしたが、投稿と関連のある濃い内容を持たせたランディングページを用意するのがベストだと思います。

ちなみに「夏アドキャンペーン」はダミーのキャンペーンではございません(笑)7月から9月までしっかりと開催しております。新規で広告運用代行をお申し込みの方には、初期費用30,000円を無料とさせていただきます。みなさまからのお問い合わせ・お申し込みをお待ちしております。