グーグルアナリティクスを使って何をするのか?

こんにちは。グラフブースでSEO、解析、プロジェクトマネージャなどの業務を行っているSIです。週末は海でSUPを漕いでいます。

自分でサイトを運営されている方や、新たに社内でサイト運営をまかされた担当の方からの質問でもっとも多いのが「グーグルアナリティクスを入れてみたけど、なにをしたらいいのかわからない」というものです。(その次に多いのが「設定方法がわからない」ですが、これはまた後日)

グーグルアナリティクスを使って何をするのか?

私も勉強し始めた頃は、アナリティクスの左のメニューにずらっと並ぶ項目が何を意味するか?ひとつひとつをひらすら調べました。そしてそのデータを毎日眺めて「なるほど、ふむふむ」と思うだけで満足している時期がありました。でも、当然ですが、そんなことを続けてもサイトの売上は上がりませんし、売上UPに繋がる指標も変化しません。

なんど体重を測っても体重は変わらない

サイトの運営をダイエットに例えてみます。

Aさんのダイエットの目標(サイトの目標)は体重を3kg減らすことです。何かやってみてもし体重が減れば「効果あり!(目標達成に近づいている!)」ということす。もし減らなければ「効果なし!(目標達成の役に立ってない)」ということです。

アクション 1
もしかして、、、夜の食事を控えめにしたら体重が減るんじゃないかな?

2週間やってみた。

体重を測った。1kg減った!

アクション 2
もしかして、、、毎日20分だけ歩いたら体重が減るんじゃないかな?

2週間やってみた。

体重を測った。変わらなかった!

解析にできるのはこの「体重を測る」部分です、というかこの「測る」ということしかできないということを忘れないようにしてください。

なので、体重を何度も何度も測っても体重が変わらない(残念!)のと同じで「解析すること自体」にはサイトの目的を実現させる力はありません。「何かを変えて、測る」を繰り返すことでサイトはよくなります。グーグルアナリティクスは「測る」ために使うツールです。その物差しをどこに当てて何を測るか?は使う人次第です。

まとめ: 大切なのはアクション

「ここを改善すればこの数値が伸びるはず」という仮説でどんどん改善を繰り返すことが大切です。「PDCAなんてステップが多くてがめんどくさい!(横文字だし)」という方はむつかしく考えずに「やって→測る!を繰り返す」でいいと思います。

グーグルアナリティクスはあなたが行ったアクションの結果を測ると時に使う道具です、という話でした。